個別指導なら苦手分野を克服できる|医学部への道

学生

国公立と私立の金銭事情

勉強

国公立と私立の違い

大学の学費は国公立と私立では大きな金額の差があります。国公立の場合は学費が私立と比べて断然安く抑えられ、大学によっては年間30万円で済ませることができるところもあります。しかし私立となれば年間100万円を超えるところが多いのです。そのため、家庭環境によっては国公立でなければ大学に行かせられないという家庭が多くあり、私立の大学に通う人の中には学費を奨学金を借りて通う人もいます。なかには奨学金を1社だけではなく2社3社と借りる人もいるといわれています。もちろん、国公立大学の学費を支払うために奨学金を借りる人もいますが、ほとんどが1社のみで支払うことができるといわれています。学費を抑えて大学に通いたいのであれば、本格的に受験勉強に取り組み国公立を目指すと良いでしょう。しかし医学部や薬学部となれば、国公立を目指すにはかなりのハイレベルな学力を要されます。国家資格取得を目指すわけですから、そう簡単な学力では進学できません。しかし私立となれば、国公立までの学力がとどかなくても進学することができる大学がいくつかあります。人によっては学力が備わっていても、なぜか試験に弱いという人がいます。学費の面では大変といわれていますが、私立の大学でも医学や薬学部に進学して医師免許や薬剤師の資格を取得できるスキルを十分に習得できるようになり、将来職につくことができるようになります。私立でも魅力あるカリキュラム内容が素案割っており、立派な存在となって卒業する人はたくさんいます。