個別指導なら苦手分野を克服できる|医学部への道

女の人

自分に合った大学探し

大学などではオープンキャンパスが開催され、大学構内の確認や教育方針などを実際に確認することができる。これらに参加する場合には、志望校については必ず参加し、その他はできるだけ広い視点で探して参加することがポイントになる。

医者になる勉強方法

教師と学生

医者になるのに必要なこと

将来お医者さんになるためには医学部に進学して所定の専門科目を修了した後、国家試験に合格する必要があります。医学部は数ある学部の中でも最難関で、独学で合格するには非常に困難です。このため塾や予備校に通う人が大半ですが、最近人気なのは個別指導の教室です。医学部の個別指導のメリットは、まず生徒に合った学習方法を取り入れて丁寧に学習指導してくれるところです。オリジナルのカリキュラムを作成し、合格に向けて個別指導してくれます。このため苦手な科目については丁寧に指導してくれるので弱点を克服できるのが魅力です。また個別指導のため、わからないところはすぐに講師に質問できる環境のため質の高い勉強ができるのも個別指導のメリットです。更に勉強の進捗状況も講師が管理してくれるため、医学部試験に向けて勉強の遅れがなく迎えることができます。肝心の個別指導の費用ですが、個別指導の種類によって変わります。最も高いのはマンツーマンの個別指導で集団指導の数倍かかりますが、その分メリットも大きいです。次に巡回型で一人の講師が各生徒のところを回って個別に指導する方法ですが、この場合年間15万円前後のようです。確かに費用を抑えることも大切ですが、医学部に合格できなければ意味がありませんので、必要な費用と割り切りましょう。個別指導を導入後は、講師との信頼関係を築くことが大切です。二人三脚で合格に向けて頑張る同志ですので、コミュニケーションを大切にしましょう。

勉強

国公立と私立の金銭事情

大学には国公立と私立とがあり、その学費の差は大きなものがあります。国公立の学費は訳す抑えることができますが、その文高い学力が要されます。祖率の場合はそのレベルはさまざまですが、高い学費を支払わなければなりません。

勉強道具

なぜこの学校を選ぶのか

帝京短期大学は、就職対策に力を入れており、毎年高い就職率をキープしているところが学生に評価されています。また、柔道整復師や臨床検査技師を養成する学科は、短期大学として珍しいため、希少価値があります。そして、都心部から電車で通学しやすいキャンパスの立地条件も選ばれる理由の一つです。